住まい方アドバイザーHOUSING ADVISOR

住まい方アドバイザーと設計する「お母さんが笑顔になる家」住まい方アドバイザーと設計する「お母さんが笑顔になる家」

住まい方アドバイザーとは?

暮らしアカデミー近藤典子先生が家を「住まい方」から考えるプロフェッショナルを養成するために設立。
家事全般の「知識」を持って、各家庭に合った住空間(家の中)で、より「快適に暮らす」ための
間取りや収納スペースのアドバイスをします。

Interior coordinates & Design reform S-style深見 清佳sayaka fukami

住まい方アドバイザー 1期生 /
インテリアコーディーネーター / 二級建築士

自身も3人の子を持つ母として、母目線、妻目線での
「住みよい」住まいづくりを心掛けています。

自身も3人の子を持つ母として、母目線、
妻目線での「住みよい」住まいづくりを
心掛けています。

家づくりのポイント
3つの“ 空間・時間・人間 ”

家のどの場所にも「3つの間」=空間・時間・人間が整っていることが大切です。
どれか1つでも不具合があると「住まいごこち」の良さに結びつきません。
「3つの間」がバランスよく満たされて、初めて相乗効果による良質の「住まいごこち」が実現します。

暮らしのストレスフリー暮らしのストレスフリー

住まい方アドバイザーとつくる
住まいづくりのポイント

  • 01

    「3つの間の考え方」と
    「暮らしの寸法」

  • 02

    片付かない原因は2つ
    「物に対する意識の不足」と
    「管理方法に対する知識の不足」

  • 03

    片づけの手順は
    「整理→収納→整頓」

  • 04

    クローゼットは
    「4つ」の
    空間構成で100%使える

  • 05

    ウォークインクローゼットを
    効率よく活用するための
    「衣類の交通整理」の仕方

  • 06

    収納スペースの王様である
    押入れを使いこなす

  • 07

    洋服の管理「たたむ」「掛ける」
    収納方法と
    日常のお手入れ

  • 08

    キッチンならではの
    整理・収納方法や食器や
    家電など収め方

  • 09

    ダイニングの配置、動線、
    普段気づきにくい視点から

  • 10

    散らかりやすいリビングを
    くつろげるリビングにするための
    片づけや配置、見え方

  • 11

    「L・D・K」のどこを中心に
    過ごすか?
    4つの考え方を元に
    L・D・Kのあり方

  • 12

    主寝室の役割と機能、
    基本となる
    レイアウトパターン

  • 13

    子どもの成長に
    大きく関わってくる
    子ども部屋のあり方、
    成長に合わせた片付け方や
    レイアウトとは?

  • 14

    洗面所の基本的な5つ機能を
    もとに
    収納スペースになり
    得る場所や
    『指定席』の
    決め方

  • 15

    ユーティリティとは何かと
    その大切さ

  • 16

    限られた空間を
    活かしきる
    玄関に
    必要な機能と物の収め方を
    学びます。

  • 17

    家族のライフステージの
    変化に合わせた
    具体的な部屋の使い方や
    レイアウト

あなたのお宅の収納計画個別相談受付中

部屋がスッキリしない
クローゼットの中が物であふれている
使い勝手が悪い・・・など
収納についてのお悩み事をスッキリ解決します。
アパート、マンション、一戸建て問いません。
お気軽にご相談ください。