お客様インタビューINTERVIEW

愛知県岡崎市S様邸


新しい住まいづくりは、どのように始められましたか?

今の住まいは下が車庫で上に2部屋という家で、将来的には住めないので、家を建てることは決めてました。
すぐ近くの土地に決めたのが2年くらい前かな。そこから家を考え始めました。
とりあえずハウジングセンターに行ったんですけど、みんな同じ感じでつまんなくて中にも入らずやめました(笑)。
白いクロスの家よりログハウスのような家がよくて。
気に入ったメーカーさんがあったんですが、規格住宅で自分たちの生活に合わせづらかったので注文住宅で建てたいと思っていました。

どうして深見工務店に? ここで建てようと思った決め手は?

ファイナンシャルプランナーさんに紹介してもらったのがきっかけです。
深見工務店さんは何でもすごく臨機応変にやってくれました。
他社さんだと営業さんがいて、コーディネーターがいて、設計士もいて、結局言いたいことが反映されているのか、人件費とられてるのかとか、そういうところが気に入らなかったんです。
直接社長に話せるほうが早いんで、ストレートに言える方がいいかなと思って。
深見社長も奥さんも話しやすかったですしね。

あと、部屋の広さの感覚が合ったのが深見工務店さんでしたね。
他社さんだと狭小住宅に押し込む様な提案しか出なかったので。
何より自宅を見せていただいて、木をふんだんに使ってて感じいいなと思ってそこで決めたました。

家づくりを振り返って、思い出や楽しかったことは?

上棟式が楽しかったな。もち投げをやって。
いっぱい人が来てカンコンカンコンして大黒柱も立てて、家を建ててる感あってよかったな。
やっぱり大工さんすごいなぁと思いましたね。仕事は細かいし、板がたくさんあるのに大変だなぁって(笑)。
現場が綺麗だったので、丁寧にやってもらえてるんだと思いました。

製材所に連れて行ってもらっていろいろ見せてもらいました。
木にはこだわりたかったから、安心できたし信頼できたからよかったです。

見学会に来てくれた方にどんなところを見て、感じてほしいですか?

材料にはこだわりましたね。無垢がいいなって。1階2階とも床も壁も全部無垢にしました。
天井だけは抜け感が欲しくて白いクロスのところもあります。

あとは、土間ですね。土間が広いと心のゆとりがあるように思うじゃないですか(笑)
そこからのアイアンの階段、登れる収納と書斎。
他社さんのプランでは書斎は諦めてたけど、深見工務店さんは家を広げてくれて、書斎できたしも寝室も広く作ってくれたし。廊下に書斎を作るってアイデアは僕の頭の中にはなかったな。

木だと狭くなるとか、圧迫感出るって思われるけど、天井高くしたり、部屋を広めにしたりして全然感じなくなってるところを見て欲しいです。注文住宅ならではの良さかな。

これから家づくりをお考えの皆さんへ

注文住宅なのでコミュニケーションが取れないと思い通りのものができないです。
深見さんは話しやすい人だったからよかったね。
奥さんからもアドバイスもいただけて、素人ではわからないところがいっぱいあるので何でも聞いてみることがいいです。
できることはできる、できないことはできないと、はっきり教えてくれるし。
何でも言える工務店さんに頼むのがいいと思いました。